バスを利用したスキーツアーの一日の流れ

バスを利用したスキーツアーの一日の流れ

スキーツアーの中には目的地のゲレンデまでバスで移動するプランが組み込まれているものがあります。


主だったターミナル駅から発着するそのバスは、夜に出発するものや、朝、あるいは昼に出るものもあります。集合時間に発着場に集合し、点呼をした後にバスに乗り込み、ゲレンデまで運ばれることになり、その際にはスキーツアーの概要が説明されることもあります。

ゲレンデに到着する時刻や、事前に配布されているリフト券などの引換券の使い方、宿泊施設の紹介などで、その内容は各スキーツアーによって異なります。そしてバスが目的地に到着したら、ゲレンデの更衣室で着替えを済ませ、荷物を預けます。

ブログの優良サイトの情報を公開中です。

そしてリフト券を入手して滑り始めることになるのですが、この際に道具のレンタルが必要な場合にはレンタルショップに向かうことになります。



スキーツアーのプランに道具のレンタルが組み込まれているものもあり、プランを利用するとゲレンデで申し込むよりも格安であることもあります。
日帰りの場合ですとバスの移動時間にもよるのですが、ゲレンデに滞在できる時間はおおよそ五時間から六時間といったところで、楽しむ上では十分な時間であるといえるでしょう。

スキーツアー情報のご紹介です。

帰りはバスの時刻に遅れないように集合場所に行かなければなりません。遅れてしまいますと他の乗客に迷惑が掛かってしまい、下手をすれば置いてけぼりにされてしまう可能性がありますので、時間には注意をする必要があります。

Copyright (C) 2015 バスを利用したスキーツアーの一日の流れ All Rights Reserved.